テスコムのTF1100の口コミ!強力もみ加減!膝裏にも!デメリットはあるの?

自宅で簡単にながらマッサージができるフットマッサージャー、テスコムのTF1100。

痛気持ちい〜もみ加減とローラーのダブル仕様が特徴です。
疲れた足をマッサージできると評判のテスコムのTF1100の口コミを調べましたよ。

スポンサーリンク

テスコムのTF1100の口コミ

もみが強い!

すっげー気持ちいい!強めのもみ加減で手放せいないなんて口コミも。

テスコムのTF1100は足ののせたときに挟む「もみ板」が動くので、使う部位に合わせてガッチリ挟んでくれます。

しかも、指圧ローラーはそれぞれが独立式。
だから、コンパクトなのに強いもみ加減になるんですね。

下半身の中でも特に、足裏や足首あたりはよく使うので、筋肉も固くなりやすいです。

・自分でマッサージしても硬すぎて指が疲れる
・パンパンになったお肉を柔らかくするには大変

なんて声もあり、自力でマッサージするんは一苦労。

テスコムのTF1100の口コミでもこの強さ加減には高評価でしたよ。

寝ながら使える!

テスコムのTF1100のいいとろこは、寝ながらマッサージできること。

据え置きタイプだと、椅子やソファーに座らないとできないというデメリットがありますが、テスコムのTF1100はコンパクトサイズ。

ベットに置いて使うこともできます。
口コミでは、

・毎日寝転がって使うと超リラックスできる
・裏返して上から揉むように、足にのせて使ってる

なんて声も。
ふくらはぎはもちろんですが、裏返しても使えるので、足すねの前面にあるリンパももみほぐすことができるのはいいですね。

裏返して逆さにかぶせて使う場合は、足首にペットボトルをのせたりして高さをだすと使いやすいです。
※本来の使い方ではないので、あくまでも自己責任ですが。。

ヒールの高い靴を履くと、結構このあたり硬くなるんですよね。

女性は特に筋肉が少なく、リンパが滞りがち。
余分な水分や老廃物をほおっておくとむくんで、太めにみられやすくなります。

テスコムのTF1100でむくみや老廃物を押し流して、キュッとしまった足首を目指しちゃいましょう!

膝裏もマッサージできる!

フットマッサージ機の類似商品を他にもあるけど、テスコムのTF1100はマッサージできる部位が広め。

ふくらはぎよりも上の膝裏がマッサージできるんです!
口コミでもこのマッサージの対象範囲の広さには好評でした。

膝裏にもリンパが集中しているので、効果も感じやすいようです。

・ふくらはぎ自体を揉むよりも膝裏をもんだほうが足の疲れってとれる気がします。
・膝裏をちょっと手で指圧するだけでも、足が一時的には軽くなるので、ここを本格的にテスコムのTF1100でマッサージしたら、最高に気持ちいいです

なんて口コミがありましたよ。

ふくらはぎと足首(足裏)一体型だと、同時にできるメリットはあるものの指圧やマッサージの動きは単調だったりします。

テスコムのTF1100は、自分のマッサージしたい場所に集中的にもみほぐすことができるのもメリットです。

足裏も刺激できる!

テスコムのTF1100は、足裏にも対応しています。

・使ったあとは、ちょっとかゆくなるほど血行が良くなる
・足裏は、かなり強めでスッキリします

より効果的に使うには、足裏からほぐしてあげるといいですよ。

足裏が硬いと、体重がかかとにのらず、つま先側で支えることになります。
前のめりな体重移動になるので、足の甲や太ももの前面に不自然に力が入り、太ももの血流が悪くなり、ふくらはぎもむくみやすくなります。

足裏には、足の腱や筋肉が幾重にもつながっていて、実は結構大事な部位。

足裏を柔らかくしてから、足首をもみほぐし、膝裏、ふくらはぎという順番で筋肉をマッサージしてあげると、老廃物が膝下に溜まりにくくなります。

足裏も膝裏もふくらはぎもマッサージできるタイプでないと。こののようにはできないんですよね。
テスコムのTF1100はまさに理想的です。

もみ加減は?調節できない?

テスコムのTF1100は、とにかく強め。
市販のものは、弱く手で指圧しないとだめだった思っていた、最初はくすぐったいけどすぐに慣れるなんて不満を持っていた人も満足できる強さ。

ふくらはぎは強め
足裏はゴリゴリとかなり強め

感覚です。
強めのマッサージ向けで、逆にイタいと感じる人もいるようです。
2回めからは痛気持ちいいに変わるなんて声も。

※ちなみに強さは調節できません。
速度と回転方向は調節できます。

強めで揉まれると揉み返しがあるとか、痛いのは苦手なんて人は購入しないほうがいいですね。

腕にも使える!

テスコムのTF1100を、フットマッサージャーとしてだけでなく、腕や手首にも使っている人も。

ふくらはぎが入る設計なので、腕ももちろんできます。
腕は、脚に比べるとそれほど疲れたり、むくんだりはしないですが・・・

ブヨブヨのたるんだお肉がついている人はエクササイズ目的で使ってもいいかも。

口コミでも腕に使えるのは嬉しい♪手も中に入れてほぐしてますなんて声がありましたよ。

仕事の職種によっては、手もマッサージ対象になりますね。
意外な使い方ですが、一箇所ごとにもみほぐすことができるテスコムのTF1100ならではですね。

サイズ感は?

気になるのがテスコムのTF1100の幅。

寸法でいうと
高さ 224mm
幅 499mm
奥行き 321mm

なんですが、ふくらはぎが太めの人は入るのか?心配になりますよね。
口コミでは、43,5cmの人でも問題なく使えたなんて情報もありました。

女性のふくらはぎの日本人の平均は、20代で身長158,2cmに対して、34,3cm。
男性でいえば、20代で身長170,4cmに対して、36,3cm。

これ経済産業省の人体寸法のデータです。
年齢が上がると、ふくらはぎ囲も多少太くなりますが、最高でも40代の38,2cm。

男性でもよっぽど太ってなければ、40cm以上の人も使っているので問題なし。

ただ、膝裏までは人によっては入らない場合も。
心配な方は、電化量販店でデモ機を確認してみてもいいですね。

時間がかかる

テスコムのTF1100にもデメリットあります。
それはいっぺんにマッサージできないこと。

例えば、足裏、足首、ふくらはぎ、すね、太もも、太ももの裏、これ全部しようと思うと、10分ずつでも1時間かかります。

※連続使用は30分。その後30分以上休ませる必要があります。

実際にはもっとかかるってことですね。

購入した人はいろいろ工夫していて、

・ドラマをみている間にながらマッサージしてます
・ベットでスマホをいじりながらしてるとあっという間♪

なんて口コミがありましたよ。

ふくらはぎや太ももなどは座りながらではきついので、ソファーやベットで逆さまに使用すれば、かなり快適に使えますね。

座椅子があれば、なお言うことなしです。

スポンサーリンク

テスコムのTF1000との違いは?

テスコムのTF1100の前モデルです。

違いはヒーターがついていないこと、
マッサージの内蔵タイマーが15分から10分になったことです。
(※テスコムのTF1100のヒーターは15分タイマー)

強さやもみ速度などその他の機能的なスペックはかわりありません。
ただ、現在は生産中止で在庫がある限りのようですね。

↑値段も高めです。

スポンサーリンク

テスコムのTF1100をお得に購入するには?

テスコムのTF1100の定価は、14,800円(税抜)。
Amazonだと値引率が高いので、お得です。

○Amazon

実は楽天でも安い販売店あります。

でも調べたら、ほとんどがお取り寄せや予約商品。
発送に時間がかかるんですね。

○楽天市場

Amazonなら、早いと翌日〜翌々日には届きますよ。

スポンサーリンク

最後に

実は、紹介しきれなかったんですが、テスコムのTF1100は中のカバーを洗えることができます。

しかも、メーカー直販ですがカバーの別売りもしています。

こういうのってまだ全然使えるのに〜って思っても、消耗品のような弱いところがだめになるパターンありますよね。
全部買い換えってことにもなりかねないので、別売りカバーがあるのは嬉しいですね。

普段は汚れたら、洗っておけば、腕にも使えるし。
細かいところまで配慮されているのはいいですね。

コメント