アレティロールブラシアイロンの口コミは?カールアイロンとの違いは?

アレティのロールブラシアイロンはヘアアイロンやカールアイロンとは違い、ロールブラシの形をしています。ヘアアイロン系の扱いが苦手な方も、ロールブラシと同様に使って自然なカールを作ることができるのでお勧めです。ロールブラシとドライヤーを使ってセットするのは手間がかかりますし、カールアイロンだとくっきりカールが付いてしまって不自然になるので不便と感じる方も多いですが、この商品なら自然に髪をカールさせることができます。実際に購入して使ってみた方の意見を集めてみました。

スポンサーリンク

アレティのロールブラシアイロンの口コミでの評判は?


アレティ ロールブラシアイロン 32mm 709A

ニューモデルもいい感じ♪

アレティ マイナスイオン ロールブラシアイロン 32mm i707PK/BL

1) 使いやすい
ヘアアイロンはコツがつかめなくて苦手だったという方も、これなら使えるという意見が多かったです。特に裾の自然なカールを出したり、トップにボリュームを持たせたりしたい時にはこういったロールブラシタイプが効果を発揮するそうです。

2) 短時間でスタイリングができる
アレティのロールブラシアイロンはチタニウムピンを使っており、このピン自体が発熱します。そのため髪をすぐに加熱することができるのでスタイリングにかかる時間も短く済むそうです。またセットした後も長持ちするという意見がありました。このチタニウムピンはブラシピンよりも短めになっているので、直接触って火傷をするリスクも低くなっています。ヘアアイロンよりリスクが少ないので娘の為に買ったという方もいました。

また短時間でスタイリングできるという事は、それだけブラッシングの回数も減り、髪へ与えるダメージも少ないという事です。

ブラシピンはセラミックコーティングされていますのでマイナスイオン効果があり、ダメージを少なく艶のあるカールを作ることが可能です。

3) コードが回転するので良い
美容家電を使っていて困るのが、コードのねじれです。絡まって使いにくくなるだけでなく、ねじれる力が加わったせいで断線することもあるので危険です。アレティの商品はコードが回転するようになっているので、そういったリスクが無く使いやすいです。他社の商品で実際に断線して使えなくなったのでこちらに買い替えたという意見がありました。

4) 急速加熱がいい
アレティのヘアケア家電は電源を入れるとすぐに温まるのが特徴です。こちらの商品もすぐに温まるのでセットに手間がかかりません。ドライヤーとロールブラシでセットするよりもずっと手軽で、しかもカールが長持ちします。

5) 電源オフが安心
アレティのロールブラシアイロンは電源を入れっぱなしにしていると15分でオフになります。これならつけっぱなしのリスクが無くなるので安心です。親や娘にプレゼントする際に、この機能があったから選んだという意見もありました。

6) 海外電圧対応
日本の電化製品は海外ではそのまま使えないのですが、アレティの製品は海外電圧対応なので旅行でも問題なく持っていくことができます。

スポンサーリンク

アレティのロールブラシアイロンのデメリットは?

1)慣れないと火傷をする
チタニウムピンには直接触れないような設計にはなっていますが、やはりブラシ部分に直接手を添えてスタイリングしようとすると火傷してしまうようです。指サックが付属で付いていますが、使いこなすまでは慣れが必要かもしれません。裾を内巻きにカールさせるなどの使い方なら問題なく使えるようです。キッチン用のミトンをはめて手を添えて使っている方もいるようです。

2)温度調節ダイヤルが動いてしまう
この商品は温度設定がダイヤル式になっていますが、使っているうちにうっかり触ってしまって温度設定が変わってしまうという意見が比較的多かったです。やはり使い方の問題だとは思いますが、使う際には注意したほうが良さそうです。

3)台が無いのが不便
熱くなる商品ですので、置き場所には注意が必要です。置くための台などが付いていませんので、その点に不便を感じている方もいるようです。

4)巻きすぎると絡まる
一度に髪を沢山巻き付けると絡まってしまう事があるようです。細かいカールをしっかり沢山作りたい場合には不向きのようです。逆にふんわり自然なカールを作るには使いやすいという意見が多かったので、内巻き用やボリュームアップ用として使うには適しているようです。

5)使い方等のガイドブックが欲しい
アレティの商品に共通の不満が「説明書が不十分」です。海外メーカーらしく簡単な説明しか記載されていないので、日本人にはその辺りが不満に感じることが多いようです。

全体的に見ると、この商品に満足するか不満に感じるかは使い方によるものも大きいようです。細かいカールを沢山作りたい場合、しっかりカールにしたい場合はカールヘアアイロンの方が適しています。逆に、あまりキッチリしたカールではなく、ゆるふわカールにしたい、ボブの裾を内巻きにしたい、猫っ毛なのでボリュームアップしたい、という方には使いやすいようです。

スポンサーリンク

アレティのロールブラシアイロンとカールアイロンの違いは?

アレティのカールアイロンは髪を挟んでしっかりカールを付けるのに向いています。
アレティカールアイロンの口コミは?25ミリと32ミリの違いは?

髪の毛をしっかり巻き付け、挟み込んで加熱するのでしっかりとカールをつくることができます。60秒で200度になる立ち上がりの速さ、セラミックバレルから出るマイナスイオンによる髪の艶、女性らしい可愛らしいデザインとカラーなどで楽天でも人気の高い商品です。ただヘアアイロン系は慣れるまでに時間がかかるので、不自然なカールになることもあります。

ロールブラシアイロンの利点は初心者でも気軽にカールが巻けることです。カールアイロンのようにキッチリとしたカールにはなりませんが、くせ毛を直したり、自然なゆるふわカールを作ったりするには適しています。

ちなみに、ロールブラシアイロンには25ミリのものもあります。

アレティ プロフェッショナルロールブラシアイロン 25mm 708A

ニューモデルはこちら↓

Areti アレティ ロールブラシアイロン 25mm 706A 海外対応

前髪のカールや髪の短めの方が使うのに適しています。

スポンサーリンク

まとめ

アレティのロールブラシアイロンは25ミリと32ミリがあります。好みにもよりますが、初心者の方やボリュームアップもしたい方には32ミリの方が使いやすいようです。こちらの商品はしっかりカールを付けるというよりは自然な内巻きをしたい、ゆるやかなカールを付けたいという方、カールアイロンだとどうしても不自然なカールになって使いづらいという方に適しています。

コメント