【着る毛布】グルーニーが気持ちよすぎ♪口コミもチェック!プレミアムの違いも教えるよ

お部屋でぬくぬくしたい!お風呂上がりの羽織ものに・・・
休日ずっ〜と部屋着として過ごしたり、パジャマ代わりにも♪

寒い冬でも、足元からポカポカな着る毛布の「グルーニー」を紹介します。

柔らかくて気持ちいい〜!肌触りとおしゃれさが自慢のグルーニー。とにかく冬の超定番アイテムです。

グルーニープレミアムとの違いや、人気カラーやサイズ感など実際の口コミや評判をチェックしましたよ。

スポンサーリンク

ここがポイント!グルーニーの特徴!

グルーニーは、ほんとそのまんま毛布の気持ちよさをいかして、洋服として着れるようにしたもの。

これが超便利で実用的なんです。しかもかゆいところに手が届く細かい仕様も嬉しい。

とにかく暖かい〜!


着る毛布グルーニーは繊維素材そのものから違いがあります。

グルーニーファイバーと呼ばれる独自の生地は、しっとりなめらかなのに、空気をより多く含んで層を作ってくれるので、体温を内側に閉じ込めてくれるんです。

だから、軽くてポカポカ♪
ちょっと肌寒いかな〜というときでも、エアコンやストーブをしようせず、かなりエコなんですよ。

一度着るともう手放せません(笑)

気持ちいい〜肌触り!

グルーニーファイバーはあたたかさだけがメリットではありません。

素肌でもめちゃくちゃ気持ちいいです。
フワッと柔らかくて、しっとりしていて。
ただ、触るだけでも癒やされそうなマショマロタッチ。

だから、着る毛布グルーニーの下は、薄着でもOK。下着の上に着たりもできるので、お風呂上がりにもかなり重宝しますよ。

静電気もサヨナラ♪

着る毛布グルーニーは、冬場につかうもの。だから、あのバチバチして痛い静電気もちゃんと対策済みです。

TANATEX者の「静電気防止処理」をほどこしているんですよ。
実はこの機能も案外侮れません。

着る毛布を着ちゃうと、グルーニーでそのままどこでも移動するようになります。

静電気が起こりやすいドアノブもうっかり触ってしまいます。
気持ちいい着る毛布を着て、家中歩き回れたり、部屋間をラクラク移動できるのがメリットなのに、バチバチしてては一瞬でテンションも下がります。ほんと油断したころにやってくるので、静電気って曲者なんですよね。

もう1つ、嬉しいメリットも。
TANATEX社の加工技術は、ホコリも寄せ付けなくするんです。

ふわふわの繊維質系って、汚れをためやすく、ハウスダストの原因にもなりますが、これなら予防効果もあるので、通常のものよりもきれいさが長持ちするのは嬉しいですね。

ポケットが意外に便利

着る毛布グルーニーには、左右にポケットがついてます。
両手もすっぽりおおえるので、完全な防寒対策にも。

また、鍵やスマホをいれたり、お父さんはタバコを入れれたりと
ポケット付きはかなり使えますよ〜。

はだけ防止が完璧すぎる!

着る毛布グルーニーには、寝転がったり、ソファーでくつろいだりと普段の動作も完全に織り込み済みです。

ガウン調で、はだけやすくなるタイプですが、首の上までボタンがしっかりついているし、腰下あたりにもボタンが。

これで動いても生地がずれたり、めくれたりすることもなくなり、保温効果も長持ちしますね。

ガウンベルトは丈調整にも使える♪

着る毛布グルーニーの本体には、同じ素材のガウンベルトもついてます。

テレビをみるときやソファーでくつろいだりするときには、羽織るような形でガウンベルトをしなくてもOK!

また、着る毛布の腰に巻いたガウンベルトは、裾調整似にも使えます。

内側に折り込むようにすれば、簡単に短くできるので、歩くときに邪魔になる裾も引きずることがありませんよ。

まるごと洗濯できる!

何より気になるのが洗えるかどうかですよね。

肌に直接触れるので、いつも清潔にしておけるのもポイント高いです。

着る毛布グルーニーは、まるごと洗っても毛布のようなかさばらないので、洗濯も大事にならず、気軽にできるのも嬉しいところです。

スポンサーリンク

プレミアムとの違いは?

着る毛布グルーニーには、ワンランク上のプレミムが用意されています。

◯楽天市場

グルーニープレミアム 2018ver 【密度UP 襟元2重 ハンガーループ】Amazon

大きな違いは厚み。
通常の着る毛布よりも、密度が濃く、更に毛布感が増してます。

口コミをみると、最初からプレミアムを買う人よりはリピーターが多いですね。

より保温力がました分、本格的な防寒着として感覚で愛用していました。

厚いならこちらのほうがいいじゃん!と思いがちですが、デメリットもあります。

重たいんですよ。
しかも、お風呂上がりなんかだと逆に暑くて汗をかいちゃいます。

例えば、エアコンを使わずこれでなんとか寒波の冬も乗り切りたい、布団の毛布がいまいち肌寒いからプレミアムを毛布代わりにしたいなんて人にオススメ。

部屋着として家の中を歩いたり、パジャマ代わりにするなら通常の着る毛布グルーニーを選べばいいですね。

スポンサーリンク

着る毛布グルーニーの口コミ

超あったか!

やはりこの意見です。実用的な寒さ対策として、グルーニーは大活躍です。

お風呂上がりも湯冷めしにくく、就寝前にちょっとテレビをみるときにも使えますよ。

お子さんがいる方は、グルーニーを着せてあげれば、もう寒くて集中できないなんて言い訳も通用しなくなりますよ(笑

他には、寝起きで寒くて布団からなかなか出れないときにも使えます。

目は覚めていても、寒いとなかなか億劫になりがちです。グルーニーなら羽織るだけで、ほんわり暖か。家事にも朝の準備にも寒くなりにくいから、キビキビと動けるようになります。

口コミでもあたたかさにはかなりに人が満足していました。フリースを着るよりも暖かい、背中の肌寒さがなくなったなど声がありましたよ。

電気ストーブがいらなくなった

着る毛布グルーニーを着ることで一番のメリットは、暖房器具の使用が圧倒的に少なくなること。

エアコンにしても、電気ストーブにしてもなんにせよ温まるには時間がかかります。

例えば、就寝前に予め部屋を温めておかなくてもグルーニーを着たり、毛布のように敷いたりすることで十分に暖かくなり、待っている間もストレスがありません。

というか、そのまま暖房器具のスイッチを入れずに寝てしまうことも。

電気ストーブやエアコンに使用が少なくなったという口こみもかなり多くみかけました。

長時間部屋にとどまるなら、電気ストーブやエアコンもいいけれど、違う部屋に行き来したり、トイレに行くときには暖房器具が聞いていないところは寒い。

そんなときでも着る毛布グルーニーなら、常に肌を覆い隠して保温してくれるので動きたくないなんてこともなくなります。

↑ただ、あまりにも気持ち良すぎて逆に動きたくないなんて声も(笑

質感は超気持ちいい〜!

 
肌触りにも口コミでは、好評でした。

質感は、まさに毛布といった感覚で少し厚めと声も。ヌックミーやモファなど他社メーカーはどちらかというと、ひざ掛けのような感覚でグルーニーはまさに毛布といった口コミ意見もありましたよ。

マイクロファイバーのような薄手生地ではありません。
フワフワで、多少ゴワっとしたものが苦手な人には向いてませんが、その分保温力は高め。だからこそ、毛布感覚で布団にも忍ばせることもできるんですよね。

縫製が甘い?

着る毛布グルーニーの評価の良くなかった口コミをみると、縫製の甘さで不満を持っている人がちらほら。

価格もそこそこするのに、糸くずが出ているなどコスパ面で納得行かない人もいれば、割安だから仕方ないという意見もありました。

検品の問題か、たまたまハズレが当たっただけかはわかりませんが、気になる方は購入を控えたほうが良さそうです。

他に毛が出やすいという声もありましたよ。こちらは一度洗濯して乾燥機に入れると、もこもこフワフワ感も失われず、毛も抑えられるという意見もあったので試してみてください。

サイズ感は?

着る毛布グルーニーには、ショート、ミドル、レギュラーと3種類あります。

サイズ選びにはちょっと迷うところもあると思うので、口コミからまとめてみるとこんな感じ↓

ショート

(公式では145cmくらいの人)
・150cmでくるぶしあたり
・157cmで膝辺りの丈
・160cmでふくらはぎが半分隠れる
・168cmで膝下25cm

↑160cm代の人でも動きやすさから、あえて選ぶ人もいましたよ。

ミドル

(公式では165cmくらいの人)
・157cmで床につく
・160cmでくるぶしが出る
・163cmで3cm床につく
・166cmだと床に引きずらない
・160cmで少しついて、歩くとき床をひきずる
・170cmでくるぶしあたり

↑160cmが床につかく、つかないかのラインのようですね(個人差あります)

レギュラー

(公式だと、170cm以上の人から)
・160cm 20cm床をする
・176cmだと長い
・170cmだと寝るときには丈が短く感じる
・171cmで引きずる
・179cmでギリギリ床につかないぐらい
・180cm弱で床に若干こする

↑高身長の人向けですが、足元まですっぽり収めたい場合には160cm代の人が選んでもいいですね。

体のバランスや、体型もあるので、同じサイズでも人によって床をする人もいれば、余裕がある人もいます。

心配な方は、肩から踵までの長さを測ってほしいサイズを選ぶといいですね。

ちなみに着丈は、ショートなら125cm。ミドルは150cm。レギュラーは170cmです。

グルーニー自体にも数cmほど個体差があります。

カラーバリエーションがほしい

着る毛布グルーニーは、12種類と豊富なカラーがあります。

バリエーションの違うタイプで、それなりにおしゃれではあるんですが、中にはデザインや色合いでもう少し種類がほしいという声も。

毛布っぽい色合いなので、部屋着として着るにはもうちょっとかわいいタイプも欲しいところですね。

それでも、グルーニーは毎年人気なので、年末ぐらいになると人気カラーは品薄になります。

選べるうちに手に入れておくのがいいですよ。

人を駄目にする

着る毛布=ダメ人間(笑

そのぐらい快適で手放せなくなるんです!

口コミでも気持ちよすぎる、ソファーで足元までくるまると動きたくなくなるなんて声も。

特に最初入らないと言っていた旦那さんが、あとからほしい〜!というパターンも結構口コミではありました。

寒い冬に外で頑張ってお仕事してくれる旦那さんにもぜひ買ってあげてください。
グルーニーを着せてあげれば、家ではぬくぬくできて、ほっと一息つけるはずです。

上下裏表がわからない!

着る毛布グルーニーは、なめらかな素材感を重視してか、タグがついてません。

これ何が問題なのかというと、着るときや羽織るときに上下や裏表がわかりずらいんですよ。

口コミでも結構この意見多かったですね。
特にさむくなってくると、上か下かなんかを確認しているだけでも、ブルブル震えてストレスになりがちです。

この辺は今後の改良点として期待したいところです。

ただ、グルーニープレミアムなら首元に襟がついているし、ハンガーループもついているので、まだわかりやすいです。

結構この辺をネックに感じている人がいたので、最初からプレミアムを選んでもいいですね↓

◯楽天市場

グルーニープレミアム 2018ver 【密度UP 襟元2重 ハンガーループ】Amazon

スポンサーリンク

まとめ

着る毛布は、保温力が高く、それでいて気持ちよすぎる肌触りが特徴です。
類似商品はいろいろあるけど、厚みや暖かさ、フワフワ感やコスパなど総合的にみてグルーニーはダントツですね。

毛がぬけるデメリットはあるものの、仕様と考えれてある程度妥協できれば、冬の定番アイテムとして重宝しそう。

着る毛布グルーニーは超人気商品で、人気のカラーやサイズは毎年早く売り切れます。
購入を検討している方は早めにチェックしておくといいですね。

コスパ重視でおまけ付きで着る毛布を手に入れたい方はこちらもオススメ↓
mocoa【モコア】着る毛布は特典付き通販で!フワフワ暖かい♪口コミもチェック!人気商品

コメント