カルーンプラスハイシートの口コミ!カルーンエアーとの違いって?人気アップリカベビーカー!

カルーンプラスはアップリカのAB型ベビーカーです。実は型落ちモデルなのですが、今でも根強い人気を誇っています。気になるのは次世代モデルのカルーンエアーとの違いです。そこでカルーンプラスの口コミや評価を紹介するとともに、どこが違うのか、気になるところを見ていきますね。

スポンサーリンク

カルーンプラスンハイシートの口コミ!

安い!

カルーンプラスハイシートは、有名ブランドのアップリカながら低価格で購入できます。ベビーカーで5万円を切る商品は嬉しい、値段重視でこの商品に、とやはり価格面での評価は高かったです。

カルーンプラスは軽さがありながらも、最低限の機能はついていて、その分価格は抑えられています。その為、安いんですね〜。
ちなみにカルーンプラスはニューモデルのカルーンエアーが発売さえているため、値下がりしています。

中でも値引率が高い取扱店はこちらです。

※カループラスハイシートは現在販売されてません。
カルーンエアーにリニューアルしました。


カルーンエアーab カラフルドットNV アップリカ Aprica ベビーカー・バギー A型ベビーカー

対面では不便

カルーンプラスハイシートには、オート4キャス機能がありません。これ、対面にしたときの操作がちょっと不便です。

オート4キャスって、全ての車輪が動くため、小回りが効いて操作しやすいというメリットがあるんですが。。

カルーンプラスハイシートは前面のタイヤしか動きません。背面式では、オート4キャスほどではないですが、通常のように押せます。

これぐらいなら、さほど問題ではない気もしますよね。でも、対面式にした場合、持ち手が逆さまになり、背面式の進行方向と逆になります。つまり、後輪のみで操作しなければなりません。

自転車や車、みんな前輪で方向転換するので、慣れていない後輪での操作って結構ストレスになるんですね。

口コミでの評価で、もう少し説明していきますね。

◯まっすぐ進まず、フラフラする
◯行きたい方向に自分の体を動かさないと行けないため、不便
◯シートを赤ちゃんと向かい合わせにすると、タイヤの回転が悪くなります。
◯外で使う分にはオート4輪でなくても良いと思います。
スーパー等で対面だと小回りがきかなくて不便かもしれません。

と、こんな感じですね。少しイメージつかめてきましたか?

もちろん、慣れればなんとかなりました〜なんて口コミもありました。

2輪のみでの方向転換なので、オート4キャスほど滑らかではないこと、対面式にした時に前輪が固定され、後輪での方向転換になるため、わずらわしさがあることがデメリットということになります。

カルーンプラスハイシートが安いのも、このオート4キャスがついていからなんですね。対面式では少し我慢。対面式は使う期間が長いって言う人もいれば、私はほとんど使わないって言う人もいるので、普段重視する使い方や妥協できるか?がポイントですね。

これで充分!

カルーンプラスハイシートの意外な欠点を紹介しましたが、口コミ評価では楽天でもamazonでも高評価。満足してます、これで必要充分という声が多かったです。色々な機能が付いてれば、たしかに便利かもしれません。でも、意外に使いこなせなかったりすることもありますよね。

普段のお散歩や外出時に軽くて、コンパクトになって、ベビーカーとして機能すれば問題なしという人が多いと思います。何より、コスパ重視の人にはおすすめですね。

赤ちゃんにも優しい

カルーンプラスハイシートには、赤ちゃんを守ってくれる機能がいっぱいついてます。

背中を包んでくれる優しいシート、ホコリや熱から守るハイシート、汗っかきの赤ちゃんを快適にしてくれるシート裏の通気孔、上から眠った後などの様子が見れるメッシュの窓などなど。使うママにも、赤ちゃんにも優しい作りなのがカルーンプラスハイシートです。

口コミでは私自身気に入っている、使っていて気持ちがいいという声が結構ありましたよ。

可愛い♪

カルーンプラスハイシートの見た目が可愛いという口コミ、結構ありました。特に中の帆がめちゃめちゃカラフルでいいですよね〜。

種類はスターネイビーとチェクブラックの2種類。

※カループラスハイシートは現在販売されてません。
カルーンエアーにリニューアルしました。


カルーンエアーab カラフルドットNV アップリカ Aprica ベビーカー・バギー A型ベビーカー

↑帆の裏側のデザインがカラフルで可愛い!

乗っている赤ちゃんも楽しい気分になれそうという口コミもありましたよ〜。明るいとママも赤ちゃんのハッピーな気分になれて、お散歩も楽しくなりますよね。

荷物の出し入れは・・・

カルーンプラスハイシートには16Lのバケットがついてます。どちらかと言うと、他のグレードが18Lとか21Lとかまであるのを考えるとそれほど大きなスペースではありません。それでも大きさに不満を感じている人は口コミで見かけませんでしたね。むしろ大きいという意見も。

アップリカのベビーカーってほとんどが縦に深いタイプのバケット。これで充分足りてるようですね。

ただ、逆に言うと出し入れするスペースが狭く、少し使いづらいという声がありました。ちょうど赤ちゃんの真下に深い袋がついている様な感じなので、手をいれる隙間があまりありません。サッと取りだしたいときには不便も感じるかもしれません。

でも、入れてものが飛び出したりしないので快適という口コミもありました。おむつやタオルなどに使うと思いますが、うっかり落としてしまう心配がない安心感がありますね。

軽い

何と言ってもカルーンプラスハイシートはめちゃくちゃ軽い!4.8kgと軽量で、AB型ベビーカーとしてもかなり軽いクラス。折りたたんだ状態でも、女性が片方の腕にかけて持ち上げれます。

車に入れるのも楽、実際はもっと軽い印象がある、

スポンサーリンク

カルーンプラスとカルーンエアーの違いは?

旧モデルのカルーンプラスとニューモデルのカルーンエアー。この2つの違いも気になりますよね。大きく変わった点は重さです。

カルーンプラス カルーンエアー
発売日 2014年 2017年
重さ 4.8kg 3.8kg
サイズ 【開いた時】幅46 × 奥行83.5~97 × 高さ99~100 (cm)
【閉じた時】幅46 × 奥行32 × 高さ97 (cm)
【開いた時】W:45.5 × D:81.5~98.5 × H:100~103.5(cm)
【閉じた時】W:45.5 × D:30.5 × H:96.2(cm)
ハイシート 53cm 52m
バケット容量 16L 18L
片手開閉&自立
マルチカプセルフード 紫外線カット 紫外線カット、撥水
洗えるシート 手洗い 洗濯機可

微妙にカルーンエアーがコンパクトになった感じ。
ただ、サイズ、ハイシート面ではほぼ変わりはないといっていいですね。

全体的にはカルーンエアーのほうが若干グレードが高いですが、後は値段的な問題ですよね。
実は、最安値店で購入しても1万円以上の価格差があります。
この辺を考えると、ほぼ変わらないカルーンプラスのほうがお得ですね。

次は気になる価格と最安値価格帯の販売店を紹介します。

スポンサーリンク

カルーンプラスの通販ならここ!

カルーンプラスハイシートは2014年モデル。つまり廉価商品なので価格は大きく値下がりしています。型落ちモデルってことさえ気にしなければ、かなりお得に購入できちゃいます。

アップリカの公式販売店では現在購入できませんし、店頭でもまず並んでいません。
ネット通販でしか購入できません。

その中でもこちらのショップが値引率が高かったです。定価 32,000円 (税込 34,560円) が驚きのプライスです。

※カループラスハイシートは現在販売されてません。
カルーンエアーにリニューアルしました。


カルーンエアーab カラフルドットNV アップリカ Aprica ベビーカー・バギー A型ベビーカー

ここ以外のshopだと新しいモデルのカルーンエアーとほぼ同価格なので値引きはされているもののお得じゃないんですよね〜。

それならその分雨の日対策にお金をかけた方がいいです。


マルチレインカバー フロントオープンタイプアップリカ Apricaレインカバー ベビーカーオプション

↑アップリカ専用だからサイズ感もピッタリ♪

スポンサーリンク

カルーンエアーの通販なら実はここがお得♪

カルーンエアーもネット通販のほうが値引率が高い傾向にあります。中でも楽天のこちらのshopは最低価格帯で、なおかつポイント10倍もつくので、実質他取扱店よりもポイント分の2900円安く買え、お得です。


カルーンエアーab カラフルドットNV アップリカ Aprica ベビーカー・バギー A型ベビーカー

カルーンプラスと比べると、どうしても高くなってしまいますが、とにかく軽いベビーカーがほしい!という人にはおすすめ。

コメント