アイリスオーヤマIMB-T2201の口コミでの評価は?

IMB-T2201はアイリスオーヤマから出ている単機能レンジです。庫内容量は約22L。間口が広いので大きめのお弁当の温めにも便利で解凍や飲み物の温めもワンタッチでできます。出力モードも4種類ありますし、チャイルドロックも付いています。ターンテーブル式なので温めムラも少なくて済みます。実際に購入してみた方の口コミを集めてみました。

スポンサーリンク

アイリスオーヤマのIMB-T2201の特徴とお勧めポイントはここ!

1)ゆとりのある庫内

アイリスオーヤマのIMB-T2201は庫内容量が約22Lです。庫内の間口は31.4センチ、奥行きは34.7センチ、庫内の高さは20.8センチなので、コンビニの大型の弁当が入ります。ターンテーブルの直径も27センチです。

2)簡単ワンタッチあたため
アイリスオーヤマのIMB-T2201は湿度センサーが搭載されています。ごはんやおかずなど、センサーが働いてくれるのでワンタッチであたためてくれます。解凍も重さを入力してボタン一つで簡単操作。飲み物も1杯か2杯か選んでボタンを押すだけです。

3)出力モード4タイプ
IMB-T2201には4つのモードがあります。
解凍モード:200W
あたためモード:500W
あたためモード:700W
急速あたためモード:900W

忙しい方には急速あたためモードがあるので早く温まると評判です。

4)全国どこでもインバーター式
アイリスオーヤマのIMB-T2201は東日本でも西日本でも使えるインバーター式。転勤しても引っ越しても買い替え不要でどこでも使えます。一人暮らしの方や転勤族の方には嬉しいですね。

5)コスパが良い
アイリスオーヤマと言えば何と言っても評判なのがコスパの良さ。単機能レンジでシンプルさを追求しているのでお手軽価格でお求めいただけます。

単機能レンジでデザインもシンプル。一人暮らしの方や事務所での昼食の温め用など、多くの機能はいらない方にはお勧めの商品です。

スポンサーリンク

アイリスオーヤマIMB-T2201 は口コミではどう評価されているの?

1)コスパが良い
一番多い口コミはやはりコスパの良さですね。多少のデメリット(音がうるさいなど)があっても、この価格なら問題は無いという人が多いです。家庭でオーブンレンジを使った料理を多くする方にはお勧めできませんが、温めだけを求めているなら必要十分な商品です。

・予算1万円以内で買える
・ 実用面でのコスパは最高
・ 値段の割にデザイン、コスパは良い
・ 余計な機能が無くシンプルで安い
・ この値段でこの機能ならコスパは良いほうだと思う

2)900Wが便利
IMB-T2201 は単機能レンジの中でも珍しく900wの高出力。一人暮らしや事務所などで弁当を急いで温めたい場合には嬉しい機能です。

・ 単機能で900Wはあまりないのでこれにした
・ ハイパワーの900Wは便利。すぐ温まる
・ この価格で900wがあるので購入した

3)使いやすい
IMB-T2201 はワンタッチの簡単操作。最初の設定で戸惑う方もいるようですが、慣れればすぐに暖められるので便利です。

・ デジタル表示なので、残り時間が見られるのが分かりやすくていい
・ 表示の文字が大きいしワンタッチなので高齢者でも使いやすい
・ 単身赴任の人間には便利
・ あたため具合を自分で設定できるのでありがたい
・ 使いやすいし、ワット数が選べるのがいい

4)庫内がゆったりしているのにコンパクト
IMB-T2201 は庫内容量22Lと大きめなのに意外にコンパクト。置き場所をあまり選ばないので一人暮らしでも使いやすいです(購入前にサイズを必ずご確認ください)

・ 冷蔵庫の上に乗るくらいのサイズなので独り暮らしにはちょうどいい
・ オーブン機能は要らないし、オーブン一体化だと大きすぎるので、これくらいがちょうど良い
・ 単機能が欲しかった。大きさも程よい
・ ターンテーブルだけど庫内は十分広いから使える
・ 庫内が22Lなので、ゆったり使える

他に「デザインがおしゃれで飽きない」という意見もありました。

マイナス面の口コミとしては以下のようなものがありました。

・レンジの扉の開閉が固い
・音がうるさい。キッチンタイマーレベルの大きさ
・ボタンが押しにくい

特に多かったのが「音がうるさい」です。ボタンの操作音と温め終了後のお知らせ音が大きい、加熱中、加熱後のファンの音がうるさい等です。操作音とお知らせ音は設定でオフにできますが、ファンの音は静かにはできないようです。

ただ主に音がうるさいと言われているのは操作音とブザー音なので、この点に関してはサイレントモードで対応は可能です。

ファンの音に関しては変えられませんが、うるさいけれど安いので許せるという意見も多かったです。

全体的には多少の難点はあっても価格が安いので問題は無い、というところで落ち着いています。これから独り暮らしを始める方などにはお手頃の商品と言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

IMB-T2201 と同様の商品は他にもあるの?機能の違いは?

IMB-T2201 と同様のヘルツフリー、900W、庫内容量22Lの商品は他のメーカーからも同様の商品が出ています。いずれもターンテーブル式です。ただし、どれもIMB-T2201 と比較すると価格は高めになります。

【東芝 22L ターンテーブル電子レンジ ホワイト ER-RS22】

出力切り替えは900W・600W・500Wです。

【パナソニック 単機能レンジ 22L ホワイト NE-E22A1-W】

こちらは900ではなく850Wで最長1分30使えます。出力は700W・500W・150Wと切り替えができます。150Wは解凍用です。

他にも色々なメーカーから商品が出ていますが、900W、ヘルツフリー、庫内容量22Lの機能があって価格が1万円以下のものとなるとなかなか見つからないのが実情です。ここまで安くて機能が揃っているのは、やはりアイリスオーヤマの商品ですね。

同程度の価格となると庫内容量が小さかったり、ヘルツフリーではなかったり、900Wほど高出力ではなかったりします。

独り暮らしを始める場合、何を買っていいのか分からない場合も多いですし、それほど高機能の商品は必要が無いケースが多いです。そういった時には気軽に買えてある程度の機能が揃っているIMB-T2201 はお勧めの商品と言えるでしょう。この価格なら自分には合わないと思っても気軽に買い替えられます。

スポンサーリンク

まとめ

アイリスオーヤマから出ているIMB-T2201 は、単機能レンジの中でも機能が充実している商品です。

庫内容量も22Lと比較的大きめなのでお弁当の温めがしやすいですし、ターンテーブル式なので加熱ムラが出にくくなっています。

ワット数も900Wまで使えるので急速あたためができる上に、ヘルツフリーなので全国どこでも使うことができて便利です。

価格的にも大変お求めやすいため、これから独り暮らしを始める方、単身赴任、転勤が多い独身の方、あるいは事務所などで昼食の温めようとして使用するなど温めのみの使用をする方にはうってつけの商品と言えるでしょう。

コメント