エスボードの口コミは?リップスティックより安いけど違いは? 

エスボードをご存知ですか?今大人気のキャスターボードの一種ですが、人気の高いリップスティックよりも安く問題なく遊べるのでコスパ的にもお勧めの商品です。大人用も子供用もあり、タイヤも光るので走らせていると楽しいです。デザインも豊富で男子も女子もお気に入りのカラーとデザインが見つかります。子供が欲しがるけど乗りこなせるか分からない、飽きっぽいから高いものを買っても・・・と悩んでいる方にお勧めです。

スポンサーリンク

エスボードとリップスティックの違い

 

コスパが良い

 
最近売れているエスボードですが、同じようなデザインで以前から知られている人気商品にリップスティック(ブレイブボード)がありますよね。他にもジェイボードがあります。これらの違いは何でしょうか。

まずはコスパの違いです。価格で安い順に並べるとエスボード<ジェイボード<リップスティック(ブレイブボード)の順で最も安いのがエスボード、高いのがリップスティックです。エスボードは韓国、ジェイボードは台湾、リップスティックはアメリカのメーカーの商品です。リップスティックの場合は大人用や子供用、軽量化を追求したものからプロ仕様の堅牢度の高いものまで価格も幅があります。ジェイボードも色々種類があります。 リップスティックは価格に幅があると言っても全体的にエスボードより高いのは間違いありません。ただ価格が高い分だけあって公式サイトがあり、メーカー主催のイベントがあったり盗難補償が付いている商品があったりとサポートは充実しています。 エスボードは他の2つのメーカーに比べて圧倒的に安いです。コスパ重視ならエスボードですね。

光るタイヤに豊富なデザイン

 
エスボードの特徴は「安い」だけでなく光るタイヤが付いている事と豊富なカラーバリエーション等「デザインが素敵」という点が挙げられます。最初から光るタイヤが付いているのは今のところエスボードだけです。初めてキャスターボードに挑戦するお子さんには喜ばれるようです。

ただ光るタイヤは普通のタイヤに比べて耐久性が落ちるようなので本格的に乗りこなしたい方には不評のようですが、初めての方やお子さん向けでしたら問題なく使えるレベルです。

カラーは青、赤、黄色、緑、黒、ピンクの6種類、デザインはクロス柄、スカル、ドラゴンA、ハイビスカス、ドラゴンBの5種類なので色と柄の組み合わせは全部で30パターンあります。これならお気に入りのデザインが見つかりそうですね。

キャスターボード初心者の方にお勧め

 
エスボードは価格が安く、ちょっと買ってみたいという方にはお勧めです。ただし価格が安いので本格的に色々な技を駆使して乗りこなしたい!という方にとっては重いし耐久性やバランス、走行性もあまり良くはありません。基本的に安いものなので堅牢性にはどうしても難があります。それでも子供が近所を乗り回すくらいなら問題はありません。

リップスティックの場合はキッズ用も高価なため、なかなか手が出ないのが実情です。奮発して高価な物を買っても子供が乗りこなせなかったり、飽きてしまったりしてはもったいないですよね。まずはコスパ重視の品を買って様子を見て、本格的に上のランクに挑戦したくなったら高価な物を買う、というのも一つの方法です。

技を極めたいならリップスティック、皆がやっているから私もちょっと乗ってみたい、という程度ならエスボード、という感じですね。

スポンサーリンク

エスボードに関する口コミ

 

ボードのデザインが良い

 
エスボードの口コミで一番多いのが「デザインが良い」でした。カラーバリエーションが多いので子供へのプレゼントにも丁度良いようです。価格的にも手ごろなので子供がお年玉で買ったり、お小遣いを溜めて買ったりする事もできます。こういった商品は男の子向けのデザインが多いのですが、ハイビスカス柄やピンクなど女子向けのデザインやカラーもあるのが好評のようです。色とデザインの組み合わせによりパターンが30種類の中から選べるというのも魅力です。

「デザインと価格には満足している」「思っていたよりも可愛かったので娘も喜んでいます」「タイヤが光るのは乗っている本人には見えないけど、デザイン的にも気に入っています」「沢山の種類の中から選べてよかった」等、デザインに関して満足している方が多いです。

低学年には大きいかも

 
今回こちらで紹介しているエスボードは幅が87㎝のタイプです。子供から大人まで楽しめるのが魅力ですが、子供によっては大きいと感じるようです。特に小学校低学年のお子さんのプレゼント用に買った方からは「大きかった」という意見が多いです。小学校低学年以下のお子さんの場合は全長70㎝のキッズ用がお勧めです。ただし、キッズ用はデザインは1種類でカラーも4種類(赤・青・黄・黒)になります。

またマイナス面のコメントとして「オプションのケースが壊れやすい」というものがありました。それでも本体は問題なかったという口コミが多いので、ケースをオプションで無理に付ける必要はなさそうです。他のオプションであるヘルメットに関しても頭に合わない事があるので、これもネットで買うより実店舗でお子さんが被って決めたほうが良いでしょう。

「小2の息子にはちょっと大きかったかも」「125㎝の娘にはちょっと大きかった。小柄な子にはキッズ用がお勧め」「ケースが500円だけあって作りがイマイチ。本体は大丈夫」等、本体に関しては値段の割に問題なく使えるという意見が多かったです。

コスパ重視の方に

 
エスボードは価格が安いので購入する際に不安だった方も多いようですが、実際に購入してみると問題なく使えるという口コミが多いです。勿論、高額な他のメーカーに比べると耐久性には劣りますし極端な走行性の良さや堅牢性は期待できません。それでも初心者の方が使ってみるには問題ありませんし、子供が近所で遊ぶ分には問題の無い品質です。

「タイヤが夜光るのでかっこいいです」「値段の割には遊ぶのに十分な作り」「安かったので不安だったが子供が遊ぶ分には問題なく使えている」「安いせいかちょっと重いけど値段が手頃だからこれでいい」「柄もカッコいいし、安いからイマイチということもない」等、コスパが良いので小学生が遊ぶのにはこれで十分、という意見が多いです。

まとめ

エスボードはまずは試してみたい、兄弟で欲しがっているけどリップスティック系は高いから複数買うのは難しい、子供が自分でお小遣いを溜めて買いたがっている等の場合にはお勧めです。デザインも豊富で子供に選ばせる事ができるのも人気の理由の一つのようです。技を極めたい等、本格志向の方にはリップスティック、小学生の玩具や初心者向けならエスボードと目的に合わせて選ぶのが良いでしょう。

雑貨
スポンサーリンク
クチコミライク

コメント